山口恭一の人生を変える就活

  1. ホーム
  2. 第1章 なぜ就活して会社に入るのか
  3. 企業の実態はどうなっている?

企業の実態はどうなっている?

大企業は年功序列

ちょっとウラ話というか、経営者としての本音を交えた話をしましょう。大企業と中小企業の違いです。
大企業ってのは基本的に年功序列。だから、ある部門の責任者になるのに短くて10年、長ければ20年以上かかります。優秀な人間ならすごく規模の大きなことをまかせてもらえるかもしれないが、そういう人はほんのひと握りです。
下手するとそんな大規模プロジェクトの中の、単なる歯車になる可能性もある。ひょっとしたら、ただぶら下がっているだけの社員になってしまうかもしれない。
中小企業のほうが規模は小さいが、早い段階で仕事をまかせてもらえる可能性が、大企業よりはあります。小規模な分、会社の風通しもいいので、自分の仕事が組織の中でどういうポジションにあるか比較的わかりやすいでしょう。
ただし私がここで言いたいのは、「ぶら下がったって何だって、とにかく大企業がいいんだ」という意見もあってかまわないってこと。親を安心させるために大企業へ行きたい、あるいは安定した公務員になりたいという人は、それはそれで自分の確固たる信念を持っているわけですから立派です。それを否定する気は毛頭ありません。ぜひ思いを貫いてください。どんなことでも、自分で選んで好きでやっていくのなら、それでいいんですよ。

大企業は大学の名前が物を言う

採用に関しては大企業の場合、建て前では人物本位の選考をうたっていても、実際は大学の名前が物を言うことも多いですね。企業としては、どうせ投資するならコスト回収率が高いところを狙いたいんです。一流大学出身者は、とりあえずその大学へ入る努力をした人間とみなすことができる。イヤ〜な勉強から逃げずに来た我慢強さも持ってるわけだし、少なくとも記憶力と読み書きには期待できますから。ただし、判断力や表現力やリーダーシップなどは大学の名前と関係ありませんけどね。
また大企業の場合、入社した後の出世も、もちろん大学で決まります。以前よりは少なくなりましたが、「学閥」ってのもいまだに存在しています。これは、あなたが興味を持った大企業について、歴代の社長や重役の出身校を調べてみればわかるでしょう。霞ヶ関の官僚クラスなんかも同じです。やっぱり偏差値の高い大学の出身者がほとんどですよね。
これが中小企業になると、学閥に関係ない出世のチャンスが大企業よりはあるでしょう。しかし会社によっては同族経営なので、大株主になるのは難しいでしょう。

大企業に入ると大変なことも……

大企業は中小企業に比べると設備投資やかけるコストが違うので、それだけ社員ひとりひとりに対する生産性への要求も高い。例えば公務員でも、地方の村役場に勤めてる人より霞ヶ関の官僚のほうが、スピードが求められる感じがしませんか? 民間だって同じです。上に行けば行くほど当然仕事はハードになり、スピードも速くなります。だからそれについていけなくなると、つらいものがある。不祥事起こして記者会見で頭下げてるのも、たいてい大企業です。その舞台裏をのぞいてみると、悲惨な声が聞こえてきます。自殺者やうつ病が多い? 過労死する社員がいる? 残業が多い? 有給休暇消化率が悪い?
……全部の大企業がそうだというわけじゃないので、一応どの声もクエスチョンマークつきです。でも、ニュースを見聞きしたり本を読んだりして世間の動向に敏感になっていれば、答えはおのずと出るんじゃないでしょうか。
それから大企業の場合、上司の気分次第で紙一枚もらって飛ばされることがあります。だって飛ばす部署がいくらでもありますからね。上司に可愛がってもら えれば万々歳ですが、嫌われたら最悪。これが中小企業だと、そもそも飛ばす先が限られちゃうし、あまりガンガンやって社員に辞められても困るんで、大企業ほど悲惨な話にはならないんじゃないですかね。
ただし中小企業は、大企業よりは倒産の危険性がある。大企業だとさすがにその危険は少ないが、合併・吸収・買収はこれからますます増えていくと思います。リストラされる可能性だっておおいにありますよ。
というふうに、大企業と中小企業、どちらを選んでもプラス面とマイナス面があります。だから要は、どちらが自分に合っているか、どちらが自分の力を発揮できるか、それをよく考えてみることが大事なんです。
いまの時代はもう、終身雇用を当てにしたり、会社に滅私奉公したりすることを考えちゃいけません。よく「安定した会社に入りたい」なんて言う学生がいますが、会社に安定を求めたってしょうがない。自分が安定してなくちゃいけないんです。会社の将来がどうなるかより、自分の将来を考えて力をつけることですね。
大企業に入ろうが中小企業に入ろうが、とにかく10年前後をひとつの区切りとして、自分の力をつけること。力がついたなら、その後その企業にとどまるか、それともステップアップの転職をするかは、あなたの自由選択になります。

会社で働くとはどういうことか

それではもう一度考えてみましょう——働くとはどういうことなのか。
まず、大学を出てすぐにひとりで狩りができないあなたの場合、「働くこと=会社に入ること」となるでしょう。そこで大事なのは、「自己実現したい」とか「自分を成長させたい」とかいう気持ちはよくわかりますが、「成長している会社に入りたい。そうすれば自分も成長するだろう」という考えは間違ってるってことです。そこに入りさえすれば成長させてもらえる、というような他力本願な考えではダメだということです。考え方の基軸を自分本位のところに置いてはいけません。
成長している会社とは“そこに入れば自分が成長する会社”じゃないんですよ。みずから成長する人間が集まってる会社ってことです。そして、会社で働くことの目的は、お客様や取引先に継続的に喜んでもらい、あなたを含めた社員みんなの生活を向上させていくところにあるんです。
お客様と株主と社員がいることで成り立ってるのが株式会社。だからお客様のため、株主のため、社員のために自分の力を発揮するのが、会社で働くってことなんです。お客様や取引先に継続的に喜んでいただくにはどうすればいいか。それを一生懸命に考えることが、自分自身の成長につながり、会社の成長にもつながります。成長している会社に入れば自分が成長する、というわけではないんですよ。
例えば営業マンならお客様から「あなたに会えてよかった」と言っていただく仕事をする。事務職ならほかの社員から喜んでもらえるような働きをする。そうして人のためにすることが結果として利益を生み出し、回りまわって自分のためになるんです。これが本物のプロフェッショナルですよ。
「あなたを成長させるために会社が存在するのじゃない」と前に言いました。しかし、お客様やまわりの社員に喜んでもらい、会社にプラスを与えて自分がペイされれば、結果としてあなたは確実に成長します。つまり、人を喜ばせるような仕事をすれば力がつくんです。力がつけば、いつかはひとりで狩りができるようになります。
自分の頭の上のハエも追えないうちに、世の役に立ちたいだの社会貢献だの言えるものではありません。それよりもしっかり働いてお客様に喜んでいただき、親から援助を受けないようになって、年金や税金を納めるほうがよっぽど世のため人のためになります。
まずはひとりで生きていく力をつけること。そして次は、親に恩返しすること。大学を卒業したら経済的に頼るのはもうやめて、親は死んだものと思う。
それぐらいの覚悟でやるのが、働くってことだと知っていただきたいのです。

社長が教える☆就活のガッツ

  • その1 まず自分がひとりで狩りができないということを知れ。
  • その2 会社はあなたを成長させるために存在するのじゃない。
  • その3 目標設定能力と素直さが大事。
  • その4 3年以内にステップダウンの転職をするな。
  • その5 大企業と中小企業の実態を知ろう。
  • その6 お客様やまわりの人間を継続的に喜ばせることで力をつけることが、あなたの成長につながる。